利酒ライターの肝機能向上トレーニング

お酒を中心に世界が回っています(※二日酔いでなく)。

SAKE-chan in LA2 〜真の肝機能向上トレーニング!?〜

LA生活がスタートして、2週間が経ちました。

大学の寮で暮らしているのですが、なんと寮内は禁酒
(未成年の学生が多いからだと思いますが ※アメリカではお酒は21歳になってから
日本にいたころ、特に留学前は送別会ラッシュで毎日胃に穴を空けながら飲んでいたため、「わたしは惰性でお酒を飲んでいるのであり、もはやお酒を愛してなんかいないのでは?」と思ってしまうくらいになっていたのですが、やはり決してそんなことはありませんでした。

好きなときに好きなように飲めない状況になってやっと、気づいたんです。
わたし、やっぱり、お酒が好き……///



そんなわけで授業が終わると、校舎近くの美術館(Hammer Museum)に飛び込み、ビールを飲みながら宿題をするのが日課になっています。
(午後4時からはハッピーアワーなので、1杯5ドルで飲めるんです!)

二日間の禁酒(たった二日か〜い)を乗り越えてようやくビールにありついたとき、興奮のあまり、
19601140_1067261173407109_3914155886154199416_n.jpg
ここまで飲んでからようやく正気を取り戻し、思い出したように写真を取りました。
寮生活でのアルコール日記については、諸事情のため秋に寮を出てからまたいろいろ書きたいなと思います。

***

ちなみに、寮から校舎までは徒歩約30分
一冊2キロくらいあるんじゃないかと思える激重な教科書が数冊入ったバッグを抱え、山道を毎日えっちらおっちら徒歩で通学しています。
(自転車も入手したのですが、帰りはガチガチの上り坂だし、バスのあるところまで行くにしても結局20分くらい歩かなければならないという……)

サングラスがないと目も開けていられていないほど日差しの強いアメリカ。
日本ではまったくと言っていいほど汗をかかなかったわたしが、毎日全身ビッショビショになっています。
(湿度の関係か、暑くても日本みたいな“苦しさ”はあまり感じないのですが)

そんな毎日のトレーニング(?)の成果か、出国前に送った約20キロほどの段ボールが届いたとき、送る前は持ち上げるのがやっとだったそれを、「あれ? 軽いな?」なんて思いながらヒョイと抱え、3階まで階段をスタスタと駆け上がれるほどまでになってしまいましました。
帰国するころには戦闘力が53万くらいにレベルアップしていそうです。

***

そんなこんなで、アルコールにどっぷり浸かっていた日常を離れ、図らずも禁欲的で健康的な日々を過ごしてしまっています。
日本で取り組んできたアレコレよりも、この生活のほうがずっと肝機能が向上するんじゃないだろうか……

とはいえ、精神的にもかなりの試練を要される日々😭
今はあまり多くは書きませんが(反芻したくないのでw)、日本で培ってきたいろいろなものが、ここではほとんど意味を為さないんだなぁと痛感することしばしばです。

日本では、辛いことがあると、いつもお酒がわたしを慰めてくれていました。
でも、今の生活は、お酒を好きなときに飲むことさえ許されない……(TT)

そんな絶望のふちに立たされていたとき出会った、とある夫婦。
この話については、また次の記事で書きたいと思います!
スポンサーサイト