利酒ライターの肝機能向上トレーニング

お酒を中心に世界が回っています(※二日酔いでなく)。

お酒を飲んですくすく育つ

com06-3.jpg

漫画ではわかりやすくするためにパッケージを変えましたが、実際に入れているのはこの空き瓶です。
わ~カワイイ!女子力高~い♪(棒読み)
…花瓶買ってきます。



しかし女子力の高いワンカップというのは結構いろいろありまして、たとえばわたしのコレクション(というほどでもない)の中だと
ph01.jpg
左から静岡・志太泉のにゃんかっぷ、青森・豊盃のapples&dogs(リンゴと犬のロゴがキュート♥︎)、兵庫・福寿の神戸カップ。
ワンカップってオジサンのイメージが強いですが、容量が少ないし、実は女性にピッタリのお酒かもしれません!
(決して自分を正当化しようとしているわけではないよ!)

ワンカップなんて醸造アルコールたっぷりだから…、というのは大間違いで、最近は各酒蔵さんが純米酒や吟醸酒などこだわりのお酒をワンカップとして販売していることも多いです。
ワンカップをたくさん置いている酒屋さんで有名なのは、新井薬師の味ノマチダヤさん。
ご主人が各酒蔵さんを口説き落としてワンカップをつくってもらっているのだとか…。

ちなみに上の写真について、左2点はワンカップが飲める居酒屋さん(マチダヤさんと取引があるらしい)から持ち帰り、右については神戸で購入しました。



…と、ワンカップの話でつい盛り上がってしまいましたが。

先日、26歳の誕生日を迎え、また職場の送別会などと重なったこともあり、各所からたくさんのプレゼントをいただきました。
まさに漫画のとおり、ほぼ日本酒でした。
そのほか、錫のお猪口や酒瓶を持ち歩けるバッグなどもいただきました。
宴会の会場も日本酒メインのお店でした。

そして、取引先さんからいただいた寄せ書きがコレだ。
ph02.jpg
すげえ!!こんな色紙あるのか!!!!!

漫画では冷や汗なんか垂らしてますが実際に垂らしていたのは嬉し涙で、みなさんが草木を慈しみ水をやるようにこいつには酒をやらねば酒をやらねばと浴びせかけてくださって自分はまっこと幸せ者であるなぁと感動に震えました(決してアルコールが切れていたからではない)
みなさま、ほんとうにありがとうございました。



そしてその中のおひと方が、お土産にとオシャレなお茶をくださったときに
「ごめんね~お酒じゃなくて」
と申し訳なさそうに謝ってくださって、いや、こちらこそ生まれてきてスミマセン…という気持ちになりました…。
26歳もがんばって生きます。