利酒ライターの肝機能向上トレーニング

お酒を中心に世界が回っています(※二日酔いでなく)。

下戸くんと飲もう

com02.jpg

気にされたらとても悲しい。



ときどき男性から
「木村さんは酒豪だから飲める男じゃなきゃイヤなんじゃな〜い?」
と、からかいを含んだ眼差しで偏見まみれのご意見をいただくことがありますが、まったくそんなことはありません。

あと、
「あいつは酒豪だから一緒に飲みに行くと無理矢理酒を飲まされるんじゃ…」
などという誤解もしばしば受けますが、そんなお酒を冒涜するようなことはいたしません。
飲みたくない人に飲ませるなんてもったいないことするくらいなら自分が飲むわ。



わたしはお酒が飲めない人をしばしばお酒の席に誘います。
お酒の席、というか、わたしがお酒を飲んでいる席、というか、要するに食事ですが。
大学時代のお酒が飲めないマブダチ・Mくんとの合い言葉は「コーラ飲みに行こうぜ」でした。
(社会人になったMくんがウイスキーをストレートで飲めるようになっていて、なんだか息子の成長を見るような、うれしさと寂しさの入り交じった思いを経験した…)

その後、社会人になってからもお酒の飲めない同僚に
「肉食べに行こう!」
「ラーメン行きましょうよ」
などとお酒の場にお声がけしまくっていたけれど、
「酒が飲めないせいで普段みんな飲み会に誘ってくれないから、声をかけてもらえるのがうれしい!」
と喜んでくれるひとのほうが多いように思います。
お酒の席って普段言えないいろんなことが語られる場でもあるし、みんな飲めないひとを気遣っているつもりで、実はさびしい思いをさせているのかもしれない。

もちろん中には酒席を憎悪しているひともいるので誰でも彼でもというわけには行きませんが、お酒の飲める飲めないにかかわらず、みんなで楽しくごはんを食べられればいいなって思いますネ。
あ、でも、相手にアンフェアな思いをさせないためにも飲める側が多めに払うように気遣うのはポイントかもです。



しかし、お酒の席で、まったくアルコールを摂取していないにもかかわらず酒を飲んでいるひと以上にテンションの高い下戸くんを見ると、酒の力を借りているわたしなんて彼らの足下にも及ばんぜ…と思いますね。
スポンサーサイト