利酒ライターの肝機能向上トレーニング

お酒を中心に世界が回っています(※二日酔いでなく)。

2014年09月の記事

日本でいちばん遠い酒屋さん

com07-3.jpg

一度しかお会いしていないもので、記憶を頼りに描いた似顔絵が似ておらず申し訳ないです。
(次お会いしたらもう少し似せます…)



おいしいお酒と肴を求めて日本全国をうろうろしている木村ですが
(だいたい一人で夜行バスに乗ってゆき、現地の友達に案内してもらうことが多い)
そんな意図もなく出かけた旅先で、偶然おもしろいお店に出会いました。

場所は和歌山県・新宮。
学生時代のお師匠さんが小説家・中上健次への思い入れが深く、合宿などでその出身地であるこの地域に訪れることが何度かあったのですが、彼の存在如何に関わらずどうもこの土地のまとう空気が気に入り、「日本でいちばん遠い場所」(ともかく交通が不便!)であるにもかかわらず、卒業後も個人的にしばしば訪れていました。

8月最後の週末、熊野本宮大社で開催される八咫の火祭りを楽しんだ翌日、速玉大社を訪れ、雨に濡れてよりいっそう危険度が増した超急勾配の石段538段の下から神倉神社の本殿を仰ぎ、電車が来るまでしばらくあるからどう時間をつぶそうかとうろうろしていたときに目に入ったのが、道路沿いの道に佇む一軒の酒屋さん。

まあどんなときでも歩いていて酒屋があったら入るようにはしているのですが、漫画にあるように、和歌山といえば梅が名産だから、梅酒が好きな友人に一本手軽なものを買って行くか~と暖簾をくぐったら、目の前、人が一人ようやく立てるくらいの近距離にドーンと酒の棚が置いてある。
その、お客さんの動線よりも明らかに酒を置くことを優先した店内構造に「このお店、おもしろそうだな」とは思ったのですが(このとき外で待っていた友人を、なんかおもしろいに違いないから入れと引きずり込んだ)、何はともあれお土産を探すため、梅酒が並べてある棚を物色。

そこに近づいてきたのが、店長と思しき男性。
「友達に梅酒をあげたいんですが、ちょうどよいものはありますか?」
と聞いたところ、力強いまなざしで
「今探しているお酒に関しては、何が重要になりますか?」
と問われ、「あ、しまった、軽卒な聞き方をしてしまった」とすぐさま反省しつつ、しかしまだ様子を探るために
「お土産っぽさが伝わればいいんですが…」
と続けるわたしに、一つひとつの梅酒について説明をしながら、
「でもほんとうに“お土産っぽさ”を優先していいのか、飲み比べてみてください」
と、お猪口を差し出してくれました。

で、まあ、飲ませてくれた梅酒が、超~おんぃしい~わけです
梅酒って長期にわたって浸けることもあり、たいていはホワイトリカーなどの蒸留酒で仕込みますが、これは日本酒で仕込んでいるんだそう。
梅と日本酒両方のおいしさが楽しめるので、ストレートがオススメです。

超おんぃし~うえに、別に全然高くないので、店長さんが売り上げを目的としているわけではなく、ほんとうにおいしいものを勧めようとしてくれているのだということがよくわかりました。
これはこのままスイーティーな果実酒しか飲めない低度数アルコール消費型女子だとは思われたくない!!!(なんだそのプライドは)とムキになり、「オススメの日本酒を教えてもらっていいですか?」と勢いづく木村。

そこで次に問われたのが、漫画にもある
「ビールはプレモル派ですか?スーパードライ派ですか?」
という質問。
これは、香り高いもの(プレモル)が良いのか、スッキリ飲みやすいもの(スーパードライ)が良いのか、お客さんの好みを判断するための問いなのだそうです。

そのほかにもどんな日本酒を求めているのかを調べるために、
「日本酒だけで楽しみますか、それとも何か食事しながら一緒に飲みますか」
「肴はどんなものですか。さっぱりした刺身なのか、煮物のような味の濃いものなのか、…」
と、さまざまな質問をされました。

すごい…こうやって一人ひとりのお客さんにピッタリの一本を提案するんだ…!
と感動しながらわたしは飲み意地を張って全パターン飲みました。
(質問の意味ねえ!)

ちなみに、「口の中に前の酒が残ってるから、いまからちゃんと次のお酒を味わうために」と、うがい用のウーロン茶をくださるという徹底ぶりです。

遠方から来たらしい小娘が一口飲んじゃ感動し、一口飲んじゃ感動しと来るものだから、店長さんも美味い酒伝導師の血をかき立てられた様子で、

「じゃあ、いまから幻のお酒を飲ませてあげます。買えとは言いません。なぜなら買えないから。東京に戻って、こんな酒を飲んだとみんなに自慢してください」

と、常連客でも30ポイント(一升瓶1本で1ポイント)集めなければ手にする権利がないという超レアなお酒を一口、味わわせてくれました。

それがこちら、龍神丸の生原酒。
数年前に杜氏であるご主人が亡くなり、奥様が周りの人々の助けを受けながらなんとか立て直し、最高の評価を得られるお酒を生み出したという、とてもドラマチックなお酒です。

どうですか、と問う店長さんに
「わたし、おいしい日本酒って、とってもおいしいお水に、お米のいちばんおいしいところだけが溶けているような、透明感のあるお酒だと思うんですが、これはそれですね」
と言うと、手をブンブン振りながら
「それなんですっ!!!その表現、いただきました!!!今度から使わせてもらいますわ!!!」
と、超共感してくださいました。

すっかりアウェイな友人を差し置いて、いろんな種類のお酒があって、さまざまな雑味がそれぞれのうまみを出しもするけれど、ほんとうにおいしい日本酒というのは、とってもピュアなお酒なんだよね~と盛り上がる二人。
結果、店長さんとわたしはメル友になりました。



わたしがお持ち帰りしたのは、先ほど紹介した梅酒と、黒牛 本生無濾過
このお酒を売ってくれたときに、店長さんが
「このお酒はまだ若いから、キャップではなくラップなどで封をして、少し酸化させてあげるとよりいい味になりますよ
と教えてくれたのに驚きました。
なぜなら、日本酒というのはとてもデリケートなお酒で、鮮度を保つのが重要なので、冷暗所で保管し、開封したらなるべく早めに飲みきることが原則だと思っていたからです。
それが、日本酒も傷めず少しの熟成をさせることで、より味わい深くすることができるとは…。

自分にあるのが単なる机上の知識でしかなく、お酒を知るためには、教科書ではなくお酒そのものにこそ触れる必要があるのだと痛感。いや反省。
そんな大事なことを教えてくださった店長さんのことを、わたしは勝手に心の中で師匠とお呼びしております(すみません)。



で、そのお店の紹介をすっかりしそびれていたのですが、こちらです↓
地酒みゆきや
公共交通機関の時刻表を見るたびに絶望するような“日本でいちばん遠い場所”、ではありますが、たとえ片道数万をかけてでも行く価値のあるお店だと思います!
スポンサーサイト

お酒を飲んですくすく育つ

com06-3.jpg

漫画ではわかりやすくするためにパッケージを変えましたが、実際に入れているのはこの空き瓶です。
わ~カワイイ!女子力高~い♪(棒読み)
…花瓶買ってきます。



しかし女子力の高いワンカップというのは結構いろいろありまして、たとえばわたしのコレクション(というほどでもない)の中だと
ph01.jpg
左から静岡・志太泉のにゃんかっぷ、青森・豊盃のapples&dogs(リンゴと犬のロゴがキュート♥︎)、兵庫・福寿の神戸カップ。
ワンカップってオジサンのイメージが強いですが、容量が少ないし、実は女性にピッタリのお酒かもしれません!
(決して自分を正当化しようとしているわけではないよ!)

ワンカップなんて醸造アルコールたっぷりだから…、というのは大間違いで、最近は各酒蔵さんが純米酒や吟醸酒などこだわりのお酒をワンカップとして販売していることも多いです。
ワンカップをたくさん置いている酒屋さんで有名なのは、新井薬師の味ノマチダヤさん。
ご主人が各酒蔵さんを口説き落としてワンカップをつくってもらっているのだとか…。

ちなみに上の写真について、左2点はワンカップが飲める居酒屋さん(マチダヤさんと取引があるらしい)から持ち帰り、右については神戸で購入しました。



…と、ワンカップの話でつい盛り上がってしまいましたが。

先日、26歳の誕生日を迎え、また職場の送別会などと重なったこともあり、各所からたくさんのプレゼントをいただきました。
まさに漫画のとおり、ほぼ日本酒でした。
そのほか、錫のお猪口や酒瓶を持ち歩けるバッグなどもいただきました。
宴会の会場も日本酒メインのお店でした。

そして、取引先さんからいただいた寄せ書きがコレだ。
ph02.jpg
すげえ!!こんな色紙あるのか!!!!!

漫画では冷や汗なんか垂らしてますが実際に垂らしていたのは嬉し涙で、みなさんが草木を慈しみ水をやるようにこいつには酒をやらねば酒をやらねばと浴びせかけてくださって自分はまっこと幸せ者であるなぁと感動に震えました(決してアルコールが切れていたからではない)
みなさま、ほんとうにありがとうございました。



そしてその中のおひと方が、お土産にとオシャレなお茶をくださったときに
「ごめんね~お酒じゃなくて」
と申し訳なさそうに謝ってくださって、いや、こちらこそ生まれてきてスミマセン…という気持ちになりました…。
26歳もがんばって生きます。

酔っぱらいのあいうえお

com05.jpg

お食事中の方はすみませんでした。
こんなの描きましたが人前で吐いたことはほとんどありません。
※人がいないところではめっちゃ吐いてます。



お酒でつぶれたことは3度しかない、と言い張っているのですが、年を経るにつれて頻繁にひどい酔っぱらい方をするようになり、気にならなくなっただけのことかもしれません。
しかし、苦手なお酒はどんどん減っていっているように思います。



それまで一度もつぶれたことがない、と豪語していたわたしが、初めて前後不覚になるほど酔っぱらった原因は、学生時代に某ファミレスで飲んだ白ワインでした。
たぶん、飲みやすくてパカパカ飲んでしまったせいだと思うのですが、醸造酒(※1)ってそれ自体のアルコール度数が低いからこそたくさん飲んでしまい、その後蓄積されたアルコールによる時間差攻撃がすごい気がする。
これ以来しばらくは、シャンパンの香りを嗅ぐだけでも気持ち悪くなっていたんですが、いつの間にか克服していました。赤ワインのほうが好きだけれど。



そのあと大惨事を引き起こしたのは、これまた学生時代のクリスマスパーティのこと。
当時は姉と二人暮らしをしていたのですが、その晩は姉にお願いして外出してもらい、友人を招いて我が家でパーティを開催しました。
そろそろ日付も変わるころ、誰かがカラオケに行きたいと言い出したので、食べ物や飲み物を片付けることになったわたしたち。
そのとき、友人がみんなのコップに余っていたお酒を処分しようと、テキーラ、ウォッカ、ウイスキーなどありとあらゆるアルコールをひとつのコップに流し込んでいました。
ところが、これが最後「午○の紅茶 ミルクティー」を流し込んだことにより、まごうかたなき「午○の紅茶 ミルクティー」のヴィジュアルへと変化したのです。
友人が飲み残しを処分するためにまとめていたと知らなかったわたしは、

「結構酔っぱらっちゃったからノンアルコールが飲みたいな…あ、こんなところにミルクティーがある!」

とそのロングアイランドアイスティー(※2)よりも危険なニセアフタヌーンミルクティーをあろうことか一気飲み。
…なんか変な味したな…と思ったわたしの耳に届く友人の絶叫。
平気平気、と言いながらみんなをカラオケに誘導するも、だんだんと視界がドロドロに溶けてゆく…。
わたしはカラオケには行けなさそう、と引き返し、玄関の前に立つも、暗証番号式の鍵に入力すべき数字が思い出せない。
呂律が回らないまま姉に電話をし、なんとかドアを開け——

というところまでで記憶が途切れ、気がつけば家の中、友人たちに生暖かく見守られながら横たわっていました。
その後のことは鮮明に覚えていますがあまり思い出したくありません…
帰ってきた姉は息も絶え絶えのわたしになんの労りの言葉もかけず、生ゴミでも見るような冷たい表情で、胃液のにおいが消えるまで床を掃除をしつくせと命じ、消臭剤とオシャレなルームフレグランスを買いに家を出てゆきました。
胃薬を飲んでは胃薬を吐き、水を飲んでは水を吐き、ときに布団に身を横たえながら、ゴシゴシと床を磨くわたし。
体液のにおいってほんとうにすごい。みなさん、酔っぱらってオートするひとに遭遇したとき、髪の毛だけは死守してください。(髪の毛に付着したにおいはなかなか取れません)



それ以来、そのニセアフタヌーンミルクティーの中でも最も分量が多かったとおぼしきウイスキーのにおいを嗅ぐたびに悪夢が呼び起こされていたのですが、これもつい先日克服しました。
「ウイスキーが苦手です!」
と言うのを聞いた知人の方に、
「ウイスキーのおいしさを知るために、ウイスキーツアーをしましょう」
と誘われ、神楽坂のバーを飲み歩き一晩で10杯のスコッチ・ウイスキーを飲んだら克服できました。
翌朝ちっとも残らなかったし良いお酒ってほんといくら飲んでも酔わないわ〜♥︎(←酒飲みの理論その1)
いまとなってはウイスキーは日本酒の次に大好きなお酒です。中でもだいたいスコッチしか飲まないという、嫌な舌を持っていますが…。
ウイスキーについてのお役立ちネタもそのうち書きますね。



苦手だと思っているお酒も、質の良いものを、正しく飲めば好きになれたりするものです。
何度もつぶれて何度も後悔するのではなく、自分なりの「失敗しない術」を身につけられるようになれば良いですよね。
わたしの場合は、飲む順番(醸造酒→蒸留酒)と飲み方(あまりたくさんの種類を飲まない)に気を付ければ量をたくさん飲んでもほとんど失敗しません。

わたしが資格を持っているのは日本酒だけですが、基本的にはどんなお酒も大好きです。
いま苦手だと言っているのは3度めにつぶれた「マッコリ」ただひとつなんですが、これもそのうち克服できるのかも。



そういえば、お酒の失敗談といえば、こんな本があります。
いろいろな女性作家がお酒にまつわる失敗談(?)を綴ったエッセイ集。
中でも三浦しをんの話は三浦一族のキャラクターがイキイキしていて愉快極まりなく、角田光代の話は酒好きなら誰でも共感してしまう理論が展開されていて、オススメです。



※1 醸造酒…果実や穀物を発酵させてつくるお酒。日本酒、ワイン、ビールなど。

※2 ロングアイランドアイスティー…ラム、ウォッカ、テキーラ、ジンなどのお酒にコーラを混ぜるとアイスティーみたいな味になった〜♪という、そんならアイスティー飲めやって感じのカクテル。材料からもわかるようにアルコール度数が高く、女の子を酔わせてお持ち帰りするために愛用されているとかなんとか。

日本酒と女子

com04-2.jpg

「日本酒が苦手な人にオススメの日本酒」だったらセレクトできます。



普段お酒に強い女性とばかりお酒を飲み交わしていると、女=お酒に弱い、というのがもはや都市伝説にさえ思えてきますね。
(生物学的に女のほうがアルコールの影響を受けやすいとされているらしいですが…)
わたしの周りでは、お酒が全く飲めないひとは男性のほうが多いような。目立つだけかもしれませんが。

日本酒が好きな知人・友人も、女性が多いです。
わたしが日本酒を好きになったのは、お酒を飲みはじめたころに親に連れて行ってもらった料亭で、親が飲んでいた日本酒を「飲む?」と勧められて口にしたとき、あまりにもおいしかった、いわゆる一口惚れ
しばしば「日本酒は苦手、悪酔いしちゃう」という人をお見かけしますが、彼らは大学生の飲酒デビューしたてのころに、安居酒屋であまり質のよくない日本酒を飲んで嫌な思いをしたトラウマを引きずっているだけで、ちゃんとしたものを飲めばそれなりに好きになるんじゃないかなって勝手に思っているよ…。

以前、日本酒関係のセミナーへ行ったときに聞いた話ですが、近年は日本酒を嗜む女性が増えているそうです。
確かに蒸留酒()なんかと比較すればとうぜんアルコール度数は低いし、お米とお水でできているので口当たりも優しく、スッキリしているので特段酒豪でない女性に人気が出るのもうなずけます。
日本酒って食べ物のイヤなところを引き出さないし(特に魚介類と合うのが素晴らしいと思う)ヘルシーでさっぱりした食事のジャマもしないし。
あとは美容や健康にも良いとか言われていますが、美容・健康関係の言説はデリケートなのであまり触れないでおきます。笑

メーカーも女性をターゲットにしたお酒をいろいろプロデュースしていて、最近はスパークリングやフルーツを使ったものなど、甘くてかわいいお酒がたくさん売られていますネ〜。
(ちなみにわたしはデパートのお酒コーナーで新潟県の某酒蔵の杜氏さんがサンプリングをしに来ていたとき、はじめは新潟のフルーツを使ったかわいいお酒を勧められたのに、話をするうちに超レアものの大吟醸を勧められてそっちを買って帰ったことがありますが…)

個人的には、そういうかわいいお酒は、ちょっとハードルが高く思える日本酒に足を踏み入れるための「入り口」であって、すべての日本酒が女子向けのお酒であると考えています。



ところでこの記事を書くにあたって「日本酒 女子」でググッたらこんなかわいい女性のための日本酒サイトを見つけました。
漫画に出てきた編集者さんにこのサイトを教えてあげよう。



※蒸留酒…ウイスキーや焼酎などのこと。お酒を沸騰させて気体となったアルコールを集めて冷やし液体に戻す「蒸留」(理科でやったよな!)というワザを使ってつくるため、醸造酒(日本酒、ワイン、ビール)に比べてアルコール度数が高い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。