利酒ライターの肝機能向上トレーニング

お酒を中心に世界が回っています(※二日酔いでなく)。

2014年08月の記事

下戸くんと飲もう

com02.jpg

気にされたらとても悲しい。



ときどき男性から
「木村さんは酒豪だから飲める男じゃなきゃイヤなんじゃな〜い?」
と、からかいを含んだ眼差しで偏見まみれのご意見をいただくことがありますが、まったくそんなことはありません。

あと、
「あいつは酒豪だから一緒に飲みに行くと無理矢理酒を飲まされるんじゃ…」
などという誤解もしばしば受けますが、そんなお酒を冒涜するようなことはいたしません。
飲みたくない人に飲ませるなんてもったいないことするくらいなら自分が飲むわ。



わたしはお酒が飲めない人をしばしばお酒の席に誘います。
お酒の席、というか、わたしがお酒を飲んでいる席、というか、要するに食事ですが。
大学時代のお酒が飲めないマブダチ・Mくんとの合い言葉は「コーラ飲みに行こうぜ」でした。
(社会人になったMくんがウイスキーをストレートで飲めるようになっていて、なんだか息子の成長を見るような、うれしさと寂しさの入り交じった思いを経験した…)

その後、社会人になってからもお酒の飲めない同僚に
「肉食べに行こう!」
「ラーメン行きましょうよ」
などとお酒の場にお声がけしまくっていたけれど、
「酒が飲めないせいで普段みんな飲み会に誘ってくれないから、声をかけてもらえるのがうれしい!」
と喜んでくれるひとのほうが多いように思います。
お酒の席って普段言えないいろんなことが語られる場でもあるし、みんな飲めないひとを気遣っているつもりで、実はさびしい思いをさせているのかもしれない。

もちろん中には酒席を憎悪しているひともいるので誰でも彼でもというわけには行きませんが、お酒の飲める飲めないにかかわらず、みんなで楽しくごはんを食べられればいいなって思いますネ。
あ、でも、相手にアンフェアな思いをさせないためにも飲める側が多めに払うように気遣うのはポイントかもです。



しかし、お酒の席で、まったくアルコールを摂取していないにもかかわらず酒を飲んでいるひと以上にテンションの高い下戸くんを見ると、酒の力を借りているわたしなんて彼らの足下にも及ばんぜ…と思いますね。

利酒師にできること



「利酒師の資格を持っています」
と言うと、相手はへ〜すごいね!と言ってくださることがほとんどです。
が、よくよく考えてみてください。

「…ん???でも利酒師って…何すんの???」

利酒師って、いったいどんなことができる人なんでしょうか。



“利き酒”と聞くと、複数のお酒が入ったグラスを飲み比べながら、
「この味は…『獺祭』の『純米大吟醸50』!」
「これは…『醸し人九平次』の『雄町』!」
などと、銘柄を言い当てるような行為を思い浮かべるかもしれません。

が、おそらく利酒師のほとんどはそんなことしません。
(できるかもしれませんが)
まあ日本酒の種類がめっちゃ多い、ということもあるんですが、そもそもそんなことできても別になんの役にも立たないし。

利酒師は飲食業に携わる人々のための資格であり、言うなれば“日本酒ソムリエ”。
つまり、お客さんに、日本酒と、それに合わせた食事を楽しんでもらうためのサービスができる人のことです。
料亭に行って、ソムリエが目をつぶって「これは…『田酒』!」とか叫んでても、お客さんには「なんだこいつ」と思われてしまうだけです。



というわけで、個人によって技能は多少異なりますが、わたしの考える「利酒師が(最低限)できること」は以下の4つ。

【1】日本酒を「いちばんおいしい状態」で提供できる
そもそも「利き酒」とは「銘柄」ではなく「品質」を見極めること。
利酒師の資格取得の過程でも、「保存状態が悪かったせいでマズくなったお酒」と「保存状態の良かったお酒」の飲み比べなどをして、良いお酒・悪いお酒の区別ができるようにトレーニングします。
あとは、おいしさをキープするための保存方法なども知っているので、たとえば「利酒師のいるお店」なんて書いてある居酒屋さんは、その日本酒のほんとうのおいしさを楽しめると考えて大丈夫です。

【2】日本酒のタイプを区別し、それにピッタリの食事を提供できる
日本酒の風味にはざっくり言って4つのタイプがあります。(長くなるのでいつか別の記事で説明します〜)
利酒師は、日本酒を飲むとそのお酒がどのタイプに該当するのかを判断することができます。
また、タイプによって合う食事も違うんですが、どんな肴を合わせればよりおいしくなるかも知っています。

【3】日本酒の味わいをわかりやすく表現することができる
日本酒のパッケージってシンプルで、味に関する情報がほとんど書かれていないのですが、利酒師はそれぞれの日本酒の特徴と魅力をわかりやすく表現することができます。
ちなみに個人的にはソムリエ表現にありがちな「メロンのような味わい」とか正直わかりにくいと思っていますがね…
表現力に関しては、個人のセンスにかなり依るんじゃないでしょうか。

【4】日本酒の製造方法・歴史・背景について説明できる
これはほんとうに基礎の基礎として、利酒師であれば誰でも備えている能力です。



先ほど「最低限」と書きましたが、資格取得で身に着けられるのは上記の能力だけ。
つまり、一つひとつのお酒について学ぶのは、そこからの個人の努力如何なんですよね〜。

わたしは別に飲食業に関わる人間ではなく、なぜ利酒師の資格なんか取ろうと思ったのかというとこの世で何の疑いもなく好きだと言えるものが酒しかなかったからなんですが…。
いっちょ、ひとつのことを極めるために本気で勉強してみるか〜と思ったわけです。

でもまあ、だいたい上の漫画みたいな感じで…す…。
だって日本酒おいしいんだもんね〜。
あと酔っぱらっちゃうからなんのお酒飲んだか覚えてないことも多いッスね…。

ち、違うんですっ!ウンチクを垂れて場をしらけさせる自己満知識人タイプではなく、お酒を心から愛し、酒の場を楽しむことを大切にしているだけなんですッ…!!!

……

早く卒業したいな、ペーパー利酒師。



ついでに、飲んだお酒を記録するのには、こんなアプリ使うこともあります。
酔っぱらって記憶を飛ばさないうちにメモれ!!!