利酒ライターの肝機能向上トレーニング

お酒を中心に世界が回っています(※二日酔いでなく)。

カテゴリー "未分類" の記事

SAKE-chan in LA 〜冒険のはじまり!?〜

S__6815747.jpg

ここでは突然のお知らせですが、アメリカ・ロサンゼルスに留学をすることになりました。
UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のCertificate プログラム(現地の社会人や留学生に向けた長期プログラム)で一年間勉強をする予定です。
最近(?)、ブログの更新が滞ってしまっていたのは、仕事と並行してこの準備をしていたから……というのが大きいです😅

一応ペンタブも持ってきたので、チャンスをうかがって漫画も描きたいなぁと思っています。(最近、全然描けてない……😭)
また、準備に際していろいろな留学経験者のブログを参考にさせていただいたのですが、わたしも自分の覚え書きとして記録しておきたいなぁ……とも考えていたり。
とはいえ、ここでは需要がないと思うので、別のブログを開設するかもしれませんが……。



トップの画像は、AirBnBでわたしが飲んだビールです。

AirBnBには家をまるごと貸してくれたり、部屋の一部を貸してくれたりといろいろなパターンがあるのですが、わたしが今回利用したのは個室を借りるというもの。家にホストがいるので、数日間だけホームステイするような感覚です。

昨日、Grand Central Marketで夕食と一緒に購入した缶のコロナ(日本では見ないデザイン!)を持ち帰って飲もうとしたのですが、部屋に戻ってアレコレ準備をしている間に、すっかりぬるくなってしまいました。
でも、人の家なので、冷蔵庫を借りられるかがやや怪しかったんですね。もともと「洗濯機は使わないで」というハウスルールを聞いていたし、おばあちゃん、フツーにキッチンでご飯作って食べてるし。
とはいえ、LAのギラギラとした太陽の光にさらされ続けた後、ぬるいビールを飲むのはどうも我慢がならず(こんなので生きていけるのだろうか笑)、恐る恐る尋ねてみたところ、「もちろんいいよ!」と快諾してくれただけではなく、冷えるまでの間に、と写真のBUD LIGHTを1本くれたのでした。

……なぜ、写真では2本あるのでしょうか。

実は今日街へ出かけた際、コロナが冷えてるからビールは買わないと決めて部屋に帰ったのですが、またしてもLAの太陽にやられたのか、冷たいものを飲まなければ熱中症になるのではないかと心配になり、冷えていたコロナを一気にごくごく……

しかし当然、夜はお酒が飲みたくなります(それは「当然」ではない)

さけ「……すみません、冷蔵庫にある飲み物を買わせてもらえませんか?」
おばあちゃん「何が飲みたいの?」
さけ「えーと、例えばビールとか。いくらですか?」
おばあちゃん「お金は要らないわよ」

……と、いうわけで、このBUD LIGHTは両方ともおばあちゃんがタダで譲ってくれたものなのでした。
ありがとうおばあちゃん、絶対に☆5つけるからね……
(ちなみにわたしが日本からお菓子のお土産を持っていったので、それでちょっと気に入ってくれたのかもしれません)

オイオイ大丈夫か、日本とは比べ物にならない厳しい環境に飛び込むというのに甘ったれてんじゃないぞとツッコまれてしまいそうですが、すべては太陽が眩しかったから、と、太陽のせいにしておきます、「異邦人」だけに……。



ところで!
LA在住のグルメな友達によると、アメリカのbourgie(ブルジョワ、みたいな流行言葉)でsnobな人たちは日本酒をすごくカッコいいと思っているんだそうです。
それ以外にも、カリフォルニアといえばワインビールもたくさん。過去に訪れたときに、日本では見たことのない地ウイスキーをいただいたけれどそれもとてもおいしかったなぁ〜。

と、いうわけで、時間を見つけて過去にできなかった日本のお酒レポートもしつつ、LAのお酒話なんかもチョコチョコしていけたら、と思っています!

連載再録②/悪酔いしたことがある人は必見! 日本酒でつぶれないために知っておきたい3つのこと

以前、日本酒の連載をさせていただいていた女性向け情報メディア「オモタノ」さんに
掲載させていただいた記事を加筆・修正のうえ、ブログに再掲させていただきます。
(担当さんから許可はいただいております)

第二弾は「悪酔いしたことがある人は必見! 日本酒でつぶれないために知っておきたい3つのこと」


*****


あなたは、日本酒が好きですか?
日本酒についてお仕事をしていると、ときどき「私は日本酒が苦手で……」と申し訳なさそうに言われることがあります。
理由はさまざまですが、「日本酒を飲むと気分が悪くなってしまう」という回答がほとんど。

世間では、“日本酒=悪酔いするお酒”というイメージを持つ人が多いようです。
そこで今回は、「日本酒を飲んで気分が悪くなる人」と「ならない人」の境目を見つけるため、男女150名にアンケートを実施。
まず、日本酒を飲んで気分が悪くなったことがある人はどれくらいいるのでしょうか?

sake05-graph01.jpg


結果、7割もの人が「日本酒を飲んで気分が悪くなったことがある」と回答。
こんなにたくさんの人が悪酔いをしたことがあるなら、“日本酒=悪酔いするお酒”というイメージを持たれてしまってもおかしくないかもしれませんね。



日本酒で悪酔いをする人は、「日本酒は私の体質に合っていない」と考えているのではないでしょうか。
しかし、必ずしもそうとは限りません。
日本酒で酔ってしまう人は、“体質”よりも“飲み方”に原因がある場合が多いのです。
ここからは、アンケートの回答をもとに“あなたがなぜ日本酒で悪酔いしてしまうのか”を見ていきましょう。



【原因1】よくないお酒のトラウマが残っている
日本酒が苦手な人の中には、「初めに飲んだ日本酒で失敗したから、それ以来飲んでいない」という人も少なくないようです。
そこで、日本酒で気分が悪くなった経験がある人に、初めて飲んだ日本酒について質問してみました。

sake05_graph02.jpg

最も多かったのが、36%の「学生時代にコンパで飲んだ」という回答です。

今となっては、居酒屋のチェーン店にも有名蔵元のお酒が置かれていますが、かつて学生の行く居酒屋で飲める日本酒といえば、安さを優先したクオリティの低い商品がほとんどでした。
これらの日本酒は、含まれる醸造アルコールの割合が高かったり、甘味料などの添加物を加えたりしていることが多いのです。
つまり、悪酔いを引き起こす要素が多いということ。

「大学生のとき、飲み会の罰ゲームといえば日本酒の一気飲みでした!」(20代・女性)
「コンパで先輩に無理矢理大量に飲まされました……」(30代・男性)

しかも、こんなよくない飲み方をしては、悪酔いしてしまうのも当たり前です!



【原因2】日本酒を一度にたくさん飲み過ぎている
続いて、一晩に飲むお酒の量を聞いてみました。

sake05-graph05.jpg

sake05-graph06.jpg


どちらもトップは「3、4杯」ですが、日本酒で気分が悪くなったことがある人のうち「5杯以上飲む」という人は45%。日本酒で気分が悪くなったことがない人の倍の割合となっています。

さらに、一晩に何種類ものお酒を飲む「ちゃんぽん」をしたことがあるかを尋ねてみたところ、日本酒で気分が悪くなったことがある人は9割が「する」と回答しました。

日本酒で悪酔いをしたことがある人は、そもそもお酒を飲みすぎているのかもしれません。
何を隠そう、日本酒はグイグイ飲むお酒には適していないのです。
その理由は主に2つあります。

① 日本酒はアルコール度数が高い!
日本酒の平均アルコール度数は約15度。高いものでは、20度前後のものもあります。
つまり、アルコール度数が5度程度のビールやサワーと同じようにガブガブ飲んでいると大変なことになってしまうのです。
日本酒は優しい味わいで口当たりが良いため、思わずたくさん飲んでしまいそうになるのでしょう。

② 日本酒は味が複雑
日本酒を飲んで酔っぱらってしまう人の中に、「焼酎のほうが度数が高いのに、飲んでも酔わない」という人がいるのではないでしょうか。
焼酎は「蒸留酒」という種類のお酒で、つくられる過程でいろいろな成分が取り除かれていきます。
一方、日本酒やワインなど「醸造酒」と呼ばれるお酒は、焼酎にはない成分がたくさん残っています。これらの成分が、旨みたっぷりな味わいを生み出しますが、この成分が多いほど、肝臓は消化をするのが大変になるのです。



【原因3】水を飲んでいない
日本酒の飲み方を知っている人は、お酒と一緒に「やわらぎ水」と呼ばれる水を飲んでいます。

sake05-graph07.jpg

アンケートでは、日本酒で悪酔いをしたことがある人もない人も、「日本酒を飲むとき水を飲む」という人は半数程度に留まりました。
先ほども説明したとおり、日本酒はアルコール度数が高く、味わいが複雑。
水で割る代わりにお酒と同量程度の水を飲むことで、体内のアルコール度数を中和させ、肝臓の負担を減らすことが大切です。



いかがでしたか? 自分が日本酒を飲んで酔っぱらってしまう原因がわかったのではないでしょうか。
日本酒を飲んで悪酔いしないためには、じっくりと時間をかけて、味わいながら飲むこと。
自分の飲み方をきちんと見つめ、正しい飲み方を知ることが、楽しいお酒生活へとつながります。

2017年になりました

あけましておめでとうございます。
体でお酒を覚えることを目標にした昨年でしたが、その成果か(?)、2017年、早くも二日酔いです。
本年も何卒よろしくお願いいたします!

6月になりました

お久しぶりの更新になってしまいました(・・;)

以前少し「最近は実際にお酒を扱う仕事をしている」というお話をしましたが、実は4〜5月は知人がオープンしたバーのお手伝いにかかりきりになっていました……。
お師匠さんこと、地酒みゆきやさんの日本酒をはじめ、ウイスキーからアブサンまでいろいろなお酒をプロデュースさせていただいています。

そんなこんなで、なかなか漫画を描く時間が取れないため、以前「LINEスタンプでも作ろうかな」と思っていたときのイラストを置いておきます。
LINEスタンプって申請のために41個ものスタンプをつくらなくてはならないのですが、お酒を扱ったスタンプは審査の基準が少し厳しいようで、「こんなに一生懸命つくって申請通らなかったらショックだし……」という恐れから及び腰になり、9個でストップしてしまっています。

hajime.png
わたしが頻用しそうなスタンプです。

gamma.png
「肝臓やばいんじゃない?」と指摘されたときにご使用ください。

nomenai.png
深夜に飲み会に誘われたけれど断りたいときにご使用ください。

ukon.png
ギリギリですね。

***

現場で働いているとあって、お酒ネタは溜まってゆく一方ですので、近く漫画も描ければ……と思います!

あけましておめでとうございます2016

年賀状2016ブログ用3
新年あけましておめでとうございます。

今年の年賀状の画像はこんな感じになりました。
さる年、ということですが、猿といえばイラストのようなイメージがあったり、「猿酒」(猿が放置した果実が発酵してお酒になったもの)があったり、顔が真っ赤で酔っぱらっているみたいだったり、なんとなくお酒と近い(?)印象がありますね。
今年も身体に気をつけながら、お酒を楽しみ、お酒の楽しさをますます伝えられるよう精進したいと思っております。
何卒よろしくお願いいたします。

お正月は、お師匠さんのいる熊野で迎えました!
IMG_6129.jpg
お酒を通じて出会ったマスターHさんの営むお宿に宿泊。
神様がたくさんいるこの地で、今年が素敵な一年になることを祈願しながら、地酒をたっぷり楽しみます〜!