利酒ライターの肝機能向上トレーニング

お酒を中心に世界が回っています(※二日酔いでなく)。

SAKE-chan in LA3 〜台湾人夫婦と日本酒実験!〜

ようやくブログが書ける……と思ったらもう9月。秋以降に本命のジャーナリズムを勉強するために、英語の授業を受けたり、TOEFLを受験したりしていたら、あっという間に時間が経ってしまいました。
それはそれは紆余曲折あったのですが、なんとか秋からジャーナリズムを受けられることになり、ほっとしています。とはいえ、6月にこちらへ来てからずっと先が見えずにナーバスになっていたもので、まだこの解放感に慣れていません……笑

***

今日は、夏期に受講していた英語プログラムで出会ったEちゃん夫婦についてお話をしたいと思います。
Eちゃんは、わたしより一つ年下の台湾人。旦那さまと一緒にLAで生活をしているのですが、その旦那さま・Aさんがかなりの日本食フリーク。わたしが「日本でグルメライターをしているよ」と言ったところ、「家に遊びに来て!」とアツいお誘いをしてくれたのです。
「日本食が恋しくなったらいつでもおいで!」と誘ってくれたAさん。これまでに、炊き込みご飯やお味噌汁、焼きそば、焼き鳥、すき焼きやうどんなどをご馳走になりました。

そんなAさん、もちろん日本酒にも興味津々(※Eちゃんはそんなに飲めない)。わたしが、「日本酒にはバラエティ豊かな味わいがあり、温度や酒器によってさまざまに変化する」という話をしたところ、食事の席でいろいろな“実験”をするようになりました。

sakeblog0901_3.jpg

こちらは、湯燗をしたときの写真。
アメリカ産のお酒について調べているときに(これについてはまたそのうち書ければと思います)老ね香バリバリの日本酒を購入してしまい(おそらく酒販店さんの取り扱いに問題アリ)、「温めたらちょっとはマシになるかも」と言ったところからAさんの好奇心に火がつき、お部屋にあったいろいろなお酒を燗することになったのです。
Aさんは、「冷たい獺祭よりも、ホット獺祭のほうがおいしい!」と大喜びでした。



また別の日には、「今日はブラインドテイスティングをしてみよう」と3つの日本酒を飲み比べ。

sakeblog0901.jpg

目を隠し、Eちゃんがランダムに選んだグラスを自分に飲ませるAさんの図。パッと見、一体何のプレイなんだ……という感じですが、当人たちは大真面目(笑)。

ブラインドテイスティングは難なくクリアできたのですが、続いてAさんの発案で「目をつぶる+鼻をつまむ」バージョンにもチャレンジすることに。

sakeblog0901_2.jpg


そのときのわたしの様子です(客観的に見ると、何をやっているんだか笑)。
コレが、難しい!!!
この実験をやってみてわかったのですが、日本酒って本当に香りに依拠している部分が大きく、純粋な「舌」だけの感覚になると、驚くほどお酒の印象が変わるんですよね。



固定観念にしばられることなく、純粋に日本酒の“実験”を楽しんでいるAさん。
「この間はグラス、その前は温度の違いを比べたから、次は脂っこい食べ物と合わせてみよう!」と、そこまで教えたわけでもないのに、まるでわたしが利酒ライターとして取り組んでいることをわかっているかのような提案をしてくれます。
あるときには、酒器による味わいの違いを説明していたときに、「外国人は、日本酒は徳利で飲むものだと思っている。伝統的な酒器なのに、必ずしもベストな味にならないのはなぜ?」と鋭い質問を投げかけられました。

そんなこんなで、Aさんの好奇心のおかげで、今まであまり強く意識してこなかった日本酒の側面にたくさん気づかされるアメリカ生活を送っています。
日本人のファンの方々も、「日本酒はこうでなければならない!」なんて“常識”に縛られることなく、わくわくしながらたくさん実験をして、自分にとっての「おいしい」にもっともっと貪欲になれたらよいのになぁ。

ちなみに、こちらがAさんのこの日のエピソードについてのブログ(Aさんは台湾でコンサルタントをやっています)。漢字なので、日本人ならなんとなく意味がわかるはず……笑 わたしのイラストも使っていただけました☺️❤️

SAKE-chan in LA2 〜真の肝機能向上トレーニング!?〜

LA生活がスタートして、2週間が経ちました。

大学の寮で暮らしているのですが、なんと寮内は禁酒
(未成年の学生が多いからだと思いますが ※アメリカではお酒は21歳になってから
日本にいたころ、特に留学前は送別会ラッシュで毎日胃に穴を空けながら飲んでいたため、「わたしは惰性でお酒を飲んでいるのであり、もはやお酒を愛してなんかいないのでは?」と思ってしまうくらいになっていたのですが、やはり決してそんなことはありませんでした。

好きなときに好きなように飲めない状況になってやっと、気づいたんです。
わたし、やっぱり、お酒が好き……///



そんなわけで授業が終わると、校舎近くの美術館(Hammer Museum)に飛び込み、ビールを飲みながら宿題をするのが日課になっています。
(午後4時からはハッピーアワーなので、1杯5ドルで飲めるんです!)

二日間の禁酒(たった二日か〜い)を乗り越えてようやくビールにありついたとき、興奮のあまり、
19601140_1067261173407109_3914155886154199416_n.jpg
ここまで飲んでからようやく正気を取り戻し、思い出したように写真を取りました。
寮生活でのアルコール日記については、諸事情のため秋に寮を出てからまたいろいろ書きたいなと思います。

***

ちなみに、寮から校舎までは徒歩約30分
一冊2キロくらいあるんじゃないかと思える激重な教科書が数冊入ったバッグを抱え、山道を毎日えっちらおっちら徒歩で通学しています。
(自転車も入手したのですが、帰りはガチガチの上り坂だし、バスのあるところまで行くにしても結局20分くらい歩かなければならないという……)

サングラスがないと目も開けていられていないほど日差しの強いアメリカ。
日本ではまったくと言っていいほど汗をかかなかったわたしが、毎日全身ビッショビショになっています。
(湿度の関係か、暑くても日本みたいな“苦しさ”はあまり感じないのですが)

そんな毎日のトレーニング(?)の成果か、出国前に送った約20キロほどの段ボールが届いたとき、送る前は持ち上げるのがやっとだったそれを、「あれ? 軽いな?」なんて思いながらヒョイと抱え、3階まで階段をスタスタと駆け上がれるほどまでになってしまいましました。
帰国するころには戦闘力が53万くらいにレベルアップしていそうです。

***

そんなこんなで、アルコールにどっぷり浸かっていた日常を離れ、図らずも禁欲的で健康的な日々を過ごしてしまっています。
日本で取り組んできたアレコレよりも、この生活のほうがずっと肝機能が向上するんじゃないだろうか……

とはいえ、精神的にもかなりの試練を要される日々😭
今はあまり多くは書きませんが(反芻したくないのでw)、日本で培ってきたいろいろなものが、ここではほとんど意味を為さないんだなぁと痛感することしばしばです。

日本では、辛いことがあると、いつもお酒がわたしを慰めてくれていました。
でも、今の生活は、お酒を好きなときに飲むことさえ許されない……(TT)

そんな絶望のふちに立たされていたとき出会った、とある夫婦。
この話については、また次の記事で書きたいと思います!

SAKE-chan in LA 〜冒険のはじまり!?〜

S__6815747.jpg

ここでは突然のお知らせですが、アメリカ・ロサンゼルスに留学をすることになりました。
UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)のCertificate プログラム(現地の社会人や留学生に向けた長期プログラム)で一年間勉強をする予定です。
最近(?)、ブログの更新が滞ってしまっていたのは、仕事と並行してこの準備をしていたから……というのが大きいです😅

一応ペンタブも持ってきたので、チャンスをうかがって漫画も描きたいなぁと思っています。(最近、全然描けてない……😭)
また、準備に際していろいろな留学経験者のブログを参考にさせていただいたのですが、わたしも自分の覚え書きとして記録しておきたいなぁ……とも考えていたり。
とはいえ、ここでは需要がないと思うので、別のブログを開設するかもしれませんが……。



トップの画像は、AirBnBでわたしが飲んだビールです。

AirBnBには家をまるごと貸してくれたり、部屋の一部を貸してくれたりといろいろなパターンがあるのですが、わたしが今回利用したのは個室を借りるというもの。家にホストがいるので、数日間だけホームステイするような感覚です。

昨日、Grand Central Marketで夕食と一緒に購入した缶のコロナ(日本では見ないデザイン!)を持ち帰って飲もうとしたのですが、部屋に戻ってアレコレ準備をしている間に、すっかりぬるくなってしまいました。
でも、人の家なので、冷蔵庫を借りられるかがやや怪しかったんですね。もともと「洗濯機は使わないで」というハウスルールを聞いていたし、おばあちゃん、フツーにキッチンでご飯作って食べてるし。
とはいえ、LAのギラギラとした太陽の光にさらされ続けた後、ぬるいビールを飲むのはどうも我慢がならず(こんなので生きていけるのだろうか笑)、恐る恐る尋ねてみたところ、「もちろんいいよ!」と快諾してくれただけではなく、冷えるまでの間に、と写真のBUD LIGHTを1本くれたのでした。

……なぜ、写真では2本あるのでしょうか。

実は今日街へ出かけた際、コロナが冷えてるからビールは買わないと決めて部屋に帰ったのですが、またしてもLAの太陽にやられたのか、冷たいものを飲まなければ熱中症になるのではないかと心配になり、冷えていたコロナを一気にごくごく……

しかし当然、夜はお酒が飲みたくなります(それは「当然」ではない)

さけ「……すみません、冷蔵庫にある飲み物を買わせてもらえませんか?」
おばあちゃん「何が飲みたいの?」
さけ「えーと、例えばビールとか。いくらですか?」
おばあちゃん「お金は要らないわよ」

……と、いうわけで、このBUD LIGHTは両方ともおばあちゃんがタダで譲ってくれたものなのでした。
ありがとうおばあちゃん、絶対に☆5つけるからね……
(ちなみにわたしが日本からお菓子のお土産を持っていったので、それでちょっと気に入ってくれたのかもしれません)

オイオイ大丈夫か、日本とは比べ物にならない厳しい環境に飛び込むというのに甘ったれてんじゃないぞとツッコまれてしまいそうですが、すべては太陽が眩しかったから、と、太陽のせいにしておきます、「異邦人」だけに……。



ところで!
LA在住のグルメな友達によると、アメリカのbourgie(ブルジョワ、みたいな流行言葉)でsnobな人たちは日本酒をすごくカッコいいと思っているんだそうです。
それ以外にも、カリフォルニアといえばワインビールもたくさん。過去に訪れたときに、日本では見たことのない地ウイスキーをいただいたけれどそれもとてもおいしかったなぁ〜。

と、いうわけで、時間を見つけて過去にできなかった日本のお酒レポートもしつつ、LAのお酒話なんかもチョコチョコしていけたら、と思っています!

連載再録②/悪酔いしたことがある人は必見! 日本酒でつぶれないために知っておきたい3つのこと

以前、日本酒の連載をさせていただいていた女性向け情報メディア「オモタノ」さんに
掲載させていただいた記事を加筆・修正のうえ、ブログに再掲させていただきます。
(担当さんから許可はいただいております)

第二弾は「悪酔いしたことがある人は必見! 日本酒でつぶれないために知っておきたい3つのこと」


*****


あなたは、日本酒が好きですか?
日本酒についてお仕事をしていると、ときどき「私は日本酒が苦手で……」と申し訳なさそうに言われることがあります。
理由はさまざまですが、「日本酒を飲むと気分が悪くなってしまう」という回答がほとんど。

世間では、“日本酒=悪酔いするお酒”というイメージを持つ人が多いようです。
そこで今回は、「日本酒を飲んで気分が悪くなる人」と「ならない人」の境目を見つけるため、男女150名にアンケートを実施。
まず、日本酒を飲んで気分が悪くなったことがある人はどれくらいいるのでしょうか?

sake05-graph01.jpg


結果、7割もの人が「日本酒を飲んで気分が悪くなったことがある」と回答。
こんなにたくさんの人が悪酔いをしたことがあるなら、“日本酒=悪酔いするお酒”というイメージを持たれてしまってもおかしくないかもしれませんね。



日本酒で悪酔いをする人は、「日本酒は私の体質に合っていない」と考えているのではないでしょうか。
しかし、必ずしもそうとは限りません。
日本酒で酔ってしまう人は、“体質”よりも“飲み方”に原因がある場合が多いのです。
ここからは、アンケートの回答をもとに“あなたがなぜ日本酒で悪酔いしてしまうのか”を見ていきましょう。



【原因1】よくないお酒のトラウマが残っている
日本酒が苦手な人の中には、「初めに飲んだ日本酒で失敗したから、それ以来飲んでいない」という人も少なくないようです。
そこで、日本酒で気分が悪くなった経験がある人に、初めて飲んだ日本酒について質問してみました。

sake05_graph02.jpg

最も多かったのが、36%の「学生時代にコンパで飲んだ」という回答です。

今となっては、居酒屋のチェーン店にも有名蔵元のお酒が置かれていますが、かつて学生の行く居酒屋で飲める日本酒といえば、安さを優先したクオリティの低い商品がほとんどでした。
これらの日本酒は、含まれる醸造アルコールの割合が高かったり、甘味料などの添加物を加えたりしていることが多いのです。
つまり、悪酔いを引き起こす要素が多いということ。

「大学生のとき、飲み会の罰ゲームといえば日本酒の一気飲みでした!」(20代・女性)
「コンパで先輩に無理矢理大量に飲まされました……」(30代・男性)

しかも、こんなよくない飲み方をしては、悪酔いしてしまうのも当たり前です!



【原因2】日本酒を一度にたくさん飲み過ぎている
続いて、一晩に飲むお酒の量を聞いてみました。

sake05-graph05.jpg

sake05-graph06.jpg


どちらもトップは「3、4杯」ですが、日本酒で気分が悪くなったことがある人のうち「5杯以上飲む」という人は45%。日本酒で気分が悪くなったことがない人の倍の割合となっています。

さらに、一晩に何種類ものお酒を飲む「ちゃんぽん」をしたことがあるかを尋ねてみたところ、日本酒で気分が悪くなったことがある人は9割が「する」と回答しました。

日本酒で悪酔いをしたことがある人は、そもそもお酒を飲みすぎているのかもしれません。
何を隠そう、日本酒はグイグイ飲むお酒には適していないのです。
その理由は主に2つあります。

① 日本酒はアルコール度数が高い!
日本酒の平均アルコール度数は約15度。高いものでは、20度前後のものもあります。
つまり、アルコール度数が5度程度のビールやサワーと同じようにガブガブ飲んでいると大変なことになってしまうのです。
日本酒は優しい味わいで口当たりが良いため、思わずたくさん飲んでしまいそうになるのでしょう。

② 日本酒は味が複雑
日本酒を飲んで酔っぱらってしまう人の中に、「焼酎のほうが度数が高いのに、飲んでも酔わない」という人がいるのではないでしょうか。
焼酎は「蒸留酒」という種類のお酒で、つくられる過程でいろいろな成分が取り除かれていきます。
一方、日本酒やワインなど「醸造酒」と呼ばれるお酒は、焼酎にはない成分がたくさん残っています。これらの成分が、旨みたっぷりな味わいを生み出しますが、この成分が多いほど、肝臓は消化をするのが大変になるのです。



【原因3】水を飲んでいない
日本酒の飲み方を知っている人は、お酒と一緒に「やわらぎ水」と呼ばれる水を飲んでいます。

sake05-graph07.jpg

アンケートでは、日本酒で悪酔いをしたことがある人もない人も、「日本酒を飲むとき水を飲む」という人は半数程度に留まりました。
先ほども説明したとおり、日本酒はアルコール度数が高く、味わいが複雑。
水で割る代わりにお酒と同量程度の水を飲むことで、体内のアルコール度数を中和させ、肝臓の負担を減らすことが大切です。



いかがでしたか? 自分が日本酒を飲んで酔っぱらってしまう原因がわかったのではないでしょうか。
日本酒を飲んで悪酔いしないためには、じっくりと時間をかけて、味わいながら飲むこと。
自分の飲み方をきちんと見つめ、正しい飲み方を知ることが、楽しいお酒生活へとつながります。

連載再録①/ちょっとの工夫で大変身! 日本酒がおいしくなる3つのワザ

以前、日本酒の連載をさせていただいていた女性向け情報メディア「オモタノ」さんが閉鎖となったため、
掲載させていただいた記事を加筆・修正のうえ、ブログに再掲させていただきます。
(担当さんから許可はいただいております)

第一弾は「ちょっとの工夫で大変身! 日本酒がおいしくなる3つのワザ」


*****


お米とお水からつくられた、日本生まれのお酒・日本酒。
フルーティーで優しい味わいから、近年は女性のファンも増えていますね。
日本酒を嗜んでこそ、この国の文化をキチンと理解したオトナの大和撫子になれるというものではないでしょうか?

酒屋や居酒屋へ行くと、全国から集まった数えきれないほどの日本酒が並んでいます。
もちろん、味わいは千差万別。飲んでみると、中には「このお酒、私の口にはちょっと合わないかも……」と感じてしまうものもあるでしょう。

ところが、どんな日本酒でも必ずおいしく飲める方法があるんです!
今回は、“口に合わない日本酒”がおいしく飲めるようになる3つの裏ワザをご紹介します。

①氷を入れる
sake01-1.jpg

日本酒のスタンダードな飲み方といえばストレート。
ロックで飲むと聞くと、ビックリするかもしれません。
氷を入れることによってお酒が冷えたり、溶け出した水と混ざったりすることで、味わいがぐっと変化するのです。

最近はロック専用の日本酒なども販売されていますが、どんな日本酒でもチャレンジする価値はアリ。
試しにひとかけら、ポトンと落としてみてください。
焼酎のように濃い味わいのものはもちろんですが、「ちょっとクセがある」くらいのお酒に入れると、まろやかで飲みやすい味になることが多いのでオススメです。

***

②おつまみを変える
sake01-2.jpg

お酒にピッタリの食べ合わせのことを「マリアージュ」などと言いますが、日本酒は一緒に食べるものによって味わいが大きく変化します。
お刺身と合わせるとあまりおいしくなかったお酒が、唐揚げと合わせたらおいしくなった!なんてこともあるのです。

そのお酒にどんなおつまみが合うかを調べるために使えるのが調味料
醤油、塩、酢、味噌、ゴマ油などを用意し、スプーンなどでペロっと舐めたあとに、お酒を口に含んでみてください。
塩に合うお酒はさっぱりとしたおつまみ、ゴマ油に合うお酒は揚げものもOK……という風に食べ合わせを考えていくとよいでしょう。

***

③器を変える
sake01-3.jpg

日本酒は一緒に食べる料理だけでなく、グラスの形によっても味わいがガラッと変わってしまいます。

飲み比べにオススメしたいのがこちら、カネコ小兵の酒器「一献盃」。ご覧のように、形の違う4種類の盃がセットになっています。
縦長の器はお酒が喉に直接届きやすいから、スッキリ飲める。
ラッパ型の器は香りが広がるから、華やかな味わいになる……
と、同じお酒でも器によって風味が変化することが体感できるユニークな酒器です。
また、器によって合う日本酒のタイプも異なるため、どんなお酒をおいしいと感じるのか、自分の好みを診断するのにも役立ちますよ。



日本酒は繊細で不思議な飲み物。飲み方を少し工夫するだけで、味わいが大きく変化します。
あなたの「口に合わない」お酒は、決して「まずい」お酒ではありません。
全国各地に存在する数えきれないほどの日本酒から自分好みのお酒を見つけ出すために大切なのは、それぞれのお酒が力を発揮できる“舞台”を用意してあげること。
どんなお酒にも、必ずキラキラ輝ける舞台があるのです。
それが温度なのか、食べ物なのか、器なのか……。
ゲーム感覚で楽しみながら、ぜひ自分の舌と鼻で確かめてみてください!